公開日:           更新日:       PC-8800シリーズ用FDD-DRIVE SWAPPER – MichaelsBlog

PC-8800シリーズ用FDD-DRIVE SWAPPER


1.はじめに

PC-8800シリーズ用 FDD-DRIVE SWAPPER+(以降、FDSと呼ぶ)は、PC-8800シリーズの起動ドライブを、内蔵FDDと外部FDDのどちらにするかを切替えることが出来るようにする基板です。

本基板より外部に突き出した34pinコネクタに、FDX68やHxCなどのFDDエミュレータを接続することで、バックアップイメージから起動したり、内蔵FDDに挿入したフロッピーディスクから起動したりすることが出来ます。起動ドライブの切り替えは、本基板のトグルスイッチで簡単に出来ます。 

また、本基板のモード切り替えスイッチにて“コントローラーモード”に切り替えると、FDX68と内蔵ドライブが直結した状態となり、FDX68の機能により、内蔵FDDに挿入したフロッピーティスクをバックアップしたり、リストアしたりすることが出来ます。

  • 全てのPC-8800シリーズに対応しているわけではありません。本書に記載した「適合機種」以外のPC、および、FDDエミュレータでの動作については、自己責任でお願い致します。
  • 製造ロットによっては、使用している部品「34芯フラットケーブル」の材質や見た目に違いがあります。ご理解頂いた上で、ご購入の検討をお願い致します。

2.特徴・用途

以下のような特徴があります。

  • 起動ドライブを、内蔵FDDと拡張FDD(FDDエミュレータ等)で切替え可能。
  • PCケースを閉じた状態にできるため、見た目がスッキリ、場所も取らない。
  • 拡張FDDとの接続を、34pinFDDコネクタ化。(ケーブルの調達、製作が容易)
  • FDX68のコントローラーモードに対応。

    2019/8/2 ドライブ1,2共にFDX68のコントローラーモードに対応しているため、下記文言を削除
    ※コントローラーモードとして動作するのは、ドライブ1のみとなります。
     (ドライブ2は指定できません)。

次のような用途で使用するのに便利です。

  • 普段は内蔵FDDから起動して、たまに拡張FDD(エミュレータなど)からも起動したい。または、その逆。

3.頒布

BOOTHにて頒布しています。下記バナーよりBOOTHページに行けます。

https://michael.booth.pm/

4.お願い

本基板は、素人が、あくまで自己満足、個人の趣味として製作したものであるため、使用は自己責任でお願い致します。
また、動作確認が取れていない機種もたくさんあるため、適合機種かどうかを確認(「7確認が取れている機種」参照)してからの購入をお願いします。

5.関連

私の知っている範囲では、接続する拡張FDDには、次のようなものがあります。

FDX68(GIMONSさん製作のFDDエミュレータ)
HxC(海外製FDDエミュレータ)
GOTEK(海外製FDDエミュレータ)
外付けFDDドライブ(いろいろなメーカーやタイプがあります)

6.基板の種類(タイプ)

FDD内蔵で、同形状の拡張スロットがあり、本セットに付属しているケーブルで接続可能であれば、他のPC-8800シリーズでも動作すると思いますが、「7確認が取れている機種」に記載している機種以外で使用される場合は自己責任でお願い致します。

拡張スロットが無いため、下記の機種には取り付けできません。
 PC-8801FE
 PC-8801FE2

拡張スロットのタイプが異なるため、下記の機種には取り付けできません。
 PC-88VA
 PC-88VA2
 PC-88VA3


6-1.MC04-□□□□N

製作中

6-2.MC04-□□□□A

ノーマルタイプ(MC04-□□□□N)に、FDX68のコントローラーモードへの対応を加えた基板です。

取り付け説明書は、ノーマルタイプと共用です。

FDS_PC-8800_Series_Starter-Guide_1.03.pdf

7.確認が取れている機種

PC-8801mkⅡSR
PC-8801FH
PC-8801FA
PC-8801MA
PC-8801MA2
PC-8801MC